2007年 02月 12日
浮世絵・木版画 市村一房堂
f0080267_9361637.jpg

GR DIGITAL
京都建仁寺南門前の市村一房堂 摺師のご主人に見せて頂きました。
浮世絵の木版です。
「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」はこんなプロセスで摺りあげるそうです。
印刷とは違う手作りの良さを感じました。






f0080267_9372884.jpg

「冨嶽三十六景神奈川沖浪裏」の摺りあがり

f0080267_9374738.jpg

輪郭を摺った状態です。

f0080267_938476.jpg

木版です。桜の木を使っているそうです。
同じ版を使って全体に色づけしたり、グラデーションをのせたりされるそうです。

f0080267_9382557.jpg

このお店です。
訪れた皆さんが記入したノートを見せてもらいましたが、4割以上が外国の方でした。
外国の人の方が興味があるのでしょうか。
営業時間は「朝起きたら開店します。夜眠たくなったら閉店します」と書いてありました。
テレビや新聞にも登場されているようで、いろんなところで紹介されていました。

f0080267_9384025.jpg

外の花瓶の菜の花ですが昨年から生けているそうです。
植えてあると思ったのですが実は花瓶でした。
種が出来ていました。
良い縁をいただいて帰りました。
[PR]

by biwasantori01 | 2007-02-12 09:44 | GR DIGITAL | Trackback
トラックバックURL : http://biwasan02.exblog.jp/tb/4581566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 光      空 >>